SigmaNEST logo
Search
SigmaNEST logo
Customer story banner

MECAL SRL

Mecal Srl、プログラミングを300%削減

メカルが追求する「卓越性」は、さまざまな恩恵をもたらす

記事PDFをダウンロード
SigmaNESTと新しい管理システムとの効率的で完全な統合が、新しいカッティングプログラムを選択する決め手となりました。
Mecal Srl テクニカルオフィスマネージャー Marco Sartori氏

革新と厳格な基準がMecal Srlの核心です。イタリアのピアチェンツァ地域のメーカーのハイエンドな下請け会社として、Mecal Srlはその基本原則に忠実であることによって競争力を維持しています:より良い方法のための継続的な研究、卓越性への集中、そして顧客の目標への完全な敬意。最近では、SigmaTUBEとSigmaNESTの導入により、CAD/CAMオペレーションに革命を起こし、プログラミング時間を300%短縮し、新しいMRPシステムで生産データを完全に統合することに成功しました。

Mecal Srlは、包装、機械、風力タービン、建設・農業機械、自動車製造、自動車アフターマーケット、工作機械メーカーなど、幅広い業界の主要ブランドにサービスを提供しています。30年にわたる製造経験と高い技術革新の追求により、ISO EN 1090:1および1090:2認証、品質、安全性、信頼性に対するRINA保証が証明するように、各プロジェクトで高い品質と効率性を維持しています。

Mecal Srlは、幅広い産業分野に対応しています。

ものづくりのフルコンプリート

Mecal Srlは、1万平方フィートの施設に40人の熟練したチームメンバーを擁し、各プロジェクトの最初から最後まで、360度対応できる帯域幅と専門知識を有しています。メカルはまず、お客様の視点からプロジェクトのニーズを完全に理解することで、サプライズや要件の取りこぼしをなくします。この知識を手に、チームは金属加工プロセス全体(図面、切断、曲げ、仕上げ、塗装、組み立て)を計画し、プロジェクトの期待値を上回ることを保証します。

毎年平均45フレームの需要があるため、チューブエリアの負担は毎年130日以上に膨れ上がりました

Mecal Srlは6つの生産部門で構成されています。これらの工程は、レーザー切断(平面切断とチューブ切断に分かれる)、金属曲げ、溶接、フライス・旋盤加工、製品組立、そしてサービス部門である。彼らのビジネスの50%は、一品ものの部品の小ロット生産であるが、残りの部品のバランスは、繰り返し在庫品である。

Mecal Srlは、厳しい公差のレーザー切断とバリのないプレミアム品質のパーツを誇りとしています。金属切断部門では、平らな金属板にはBystronic ByStarレーザーとLVD Phoenix FLレーザーを使用しています。ビーム、チャンネルバー、直径9-1/2インチまでのチューブには、BLM Adige LT8.10ファイバーレーザーが最大の精度と優れた性能を保証します。

私たちが選んだSigmaNESTのソリューションの利点やメリットは、すぐに明らかになりました。
Mecal Srl テクニカルオフィスマネージャー Marco Sartori氏

3~4日のプログラミングを1日に短縮

Mecal社の顧客需要の大部分は、クレーン、リグ、タービンなどの産業、農業、建設機械用の複雑なフレームを製造することにあります。Mecal Srlは、チューブファイバーレーザーの切断品質に満足していますが、当初のソフトウェアソリューションは満足できるものではなく、無数のジョイントやカップリングを手作業で編集する必要がありました。顧客の設計を変更すると、切断工程で完璧な形状を作成するために必要な他の変更が滝のように出てきました。1本のフレームにつき、作図と編集に3日間を要した。年間平均45本のフレームを製作するため、チューブエリアの負担は年間130日以上にも上りました。

最適なCAD/CAMソフトウェアを探し、いくつかのベンチマークを確認した結果、Mecal Srlはフレーム図面の自動形状作成・編集機能を持つSigmaTUBEを選択しました。編集するファイルの数に関係なく、SigmaTUBEは図面とその修正を素早く処理します。従来は1つのフレームの図面作成に3~4日かかっていたものが、SigmaTUBEでは1日に短縮されました。この時間短縮だけで、Mecal Srlのテクニカルオフィスマネージャーであるマルコ・サルトーリ氏は、投資に見合う以上の効果があったと述べています。

シグマチューブ

現在、SigmaTUBEはフレーム、ジョイント、カップリングの設計や、お客様の設計を修正するための図面作成段階まで使用されています。特に、多数の部品が含まれるファイル(数百のチューブ状部品からなる複雑なフレーム)を扱う場合には、シンプルさと効率性を重視しています。SolidWorksとの統合により、SigmaTUBEはプログラマーが1日で目的の結果を得ることができ、完全な3D CAD環境の可能性を最大限に引き出すことができます。

MRPとのシームレスな統合

その後、Mecal Srl社がMRP管理システムの変更を検討していた際、まず、市場で提供されているMRPソリューションと完全に統合できる新しい切削プログラムを探すことにしました。すでにSigmaTEKの製品ポートフォリオの品質に自信を持っていたMecal Srlは、平面切断にSigmaNESTを導入することを決定しました。

管理システムの入れ替えと同時に、2DレーザープログラミングにSigmaNESTを導入し、新しいERPシステムとの比類なき統合を実現しました。すべての切断工程はプログラム内で管理されます。すべての情報(アイコンコード、生産指示、材料など)は管理システムと交換され、部品はネスティングソフトウェアで処理されるため、工程の自動化とそれに伴う時間の短縮が可能になります。

シグマネスト

新たに導入されたソリューションのおかげで、ERPソフトウェアに命令するのはネスティングプログラムであり、柔軟性とプロセスの自動化によって、緊急の案件や多様な注文の処理が容易になりました。また、SigmaNESTは、以前のソフトウェアツールに比べ、CADの機能も大幅に向上させました。従来は切削加工プログラムの外で行っていたCAD図面の編集を、SigmaNESTの中で直接行えるようになり、時間の節約とミスのリスクの低減が実現しました。

複数のメリットを享受する

新しいカッティングプログラムへの移行は、シンプルで簡単でした。SigmaNESTとSigmaTUBEのソリューションが提供する自動化されたプロセスと直感的なインターフェースにより、従来使用していたツールで必要だった複数の手動プロセスを削減することが可能になりました。また、新しい管理システムと一緒に導入することで、社内のすべての部署がプロセスの最適化のメリットをすぐに実感することができました。

マルコ・サルトーリ氏は、SigmaTEKが提供するテクニカルサービスについて、「サポートには十分満足している」とわざわざ語っています。プログラムだけでなく、その背後にあるチームもまた、その違いを生み出すということを忘れてはなりません。

今後の予定

原材料のコストが大幅に上昇している市場において、Mecal Srlは、材料の最適化とスクラップの削減を改善するために、先進的なHD SuperNESTネスティングエンジンを実験的に導入する予定です。このモジュールは、連続ネスティング機能に加えて、同じ材料でより多くの部品を得るだけでなく、ネスティング、スケジューリング、切断後の部品の仕分けをスピードアップすることができます。

Mecal Srlについて

ピアチェンツァ地区で40名の従業員を擁する製作下請け会社Mecal Srlは、プロジェクトの実現から金属加工、3D CAD、曲げ加工、最終組立まで、製作の全領域を提供しています。長年の経験と技術革新への強いこだわりが、各プロジェクトで最高の品質と効率を実現するという会社の理想を支えています。同社の基本原則は、顧客のニーズと特性を十分に尊重しながら、絶え間ない研究と卓越性への集中を行うことです。その継続的なコミットメントの証として、Mecal SrlはUNI EN ISO 1090:1および1090:2の両方の認証取得に成功しました。

ニュースレターの登録