SigmaNEST logo
Search
SigmaNEST logo
Hero image

開先切断

開先切断用シグマネスト

開先切断とは、一般的に部品の表面に対して角度をなすようなエッジを備えた部品の切断を指します。 これは、溶接準備やその他の最終組み立て方法のためにエッジの表面積を大きくするために行われます。

さらに、板、パイプ、木材、複合材などに開先切断を行う場合、熱切断、研磨切断、機械加工はすべて全く異なる要件事項があります。部品が単純か複雑かにかかわらず、このプロセスには経験と機械と材料に関する十分な理解が必要です。

開先切断が従来の90度カットと大きく異なるのは、送り速度、傾斜角度、カーフオフセット、そして時にはアーク電圧という、少なくとも3つ、時には4つの変数が常に作用していることです。開先切断を成功させるためには、それぞれのパラメーターを厳しく管理する必要があります。この工程は、どんなに高度なプログラマーでも困難でしょう。

Bevel Cutting

最適な切断加工、最小限の廃棄物

先進のネスティングソフトウェアSigmaNESTは、開先加工機の詳細な機能を最適化し、残材を削減または排除しながら優れた部品品質をサポートします。使いやすいユーザーインターフェースとレーザー、プラズマ、ウォータージェット機用の最先端機能の組み合わせにより、SigmaNESTは2Dと3Dの両方のアプリケーションのための開先加工技術に最適なソリューションです。

標準2D 開先技術

  • 自動開先ネストと片付けにより、材料の最大利用を実現
  • bevels, grain constraints, and leadins/lead-outsの部品設定を部品ライブラリに保存可能
  • 5軸ベベル、マルチトーチベベル
  • マーキング、プリピアス、ドリルなど多工程に対応

先進の3D 開先技術

  • 3D部品やツールパスを表示、プログラム、シミュレーションできる
  • リードとトランジション制御を実現する新ルールマネージャー
  • コーナーループのないトランジション部品
  • ベベルエッジに手動でタグを追加する

注目のウェビナー

SigmaNESTプロジェクトエンジニアのOliver Limが主催するウェビナーの録画をご覧ください。25分間で、SigmaNESTの3D開先について詳しく知ることができます。

  • ルールベースのトランジションとリード
  • ベベルのタビング
  • カウンターシンク穴
  • ランピング

3Dシミュレーション

最も要求の厳しい開先部品の場合、ネスト全体の3Dシミュレーションを視覚化する機能は、時間を節約し、無駄な材料を無くします。SigmaNESTの3DBevelモジュールは、機械のカッティングヘッドが各部品を切断する際の完全な3Dモデルにより、プログラミングを簡単にすることができます。

問い合わせ